Pieces/ピーシーズ
何の取り柄もない平凡な40代主婦がパートの苦悩を中心に、子供のことや日々のできごと、ブログ運営などについて語るブログです。
子供のこと

中学入学時に10万円以上の出費。お金の管理ができない人ほど学資保険は加入した方がいい理由

f:id:drop00drop:20180818151101j:plain

学資保険に加入していなくて後悔している私だからこそ、おすすめする理由

我が家には子供が2人います。

子供が生まれたばかりの頃はギリギリの家計で生活をしていたので、学資保険には加入しませんでした。

娘が中学校に入学した時、ウワサには聞いていたけど入学準備にかかる費用の多さにびっくりしました。

ちなみに公立中学校です。住んでいる地域によって違いはありますが、我が家の場合は制服、体操服、通学カバンなどで7万円はかかりました。

さらに部活が始まると、私の子供が通っている中学校では運動部はどの部活も4万円前かかっています。ユニフォームや練習着、靴、ラケットなど…。冬になるとウィンドブレーカー代も2万円弱かかります。

剣道部や吹奏楽部に入ると、もっと費用がかかります。

部費や保護者会費も部活によって違いますが、年間2万円かかる部活もあります。

公立校でも強豪校になれば、遠征や合宿が毎月のようにありその都度お金がかかり…。

逆に合唱部や美術部、英語部、家庭科部などの文化部だと学校指定の体操服なども1着あれば十分なので、費用はあまりかかりません。

我が家は中学入学だけで10万円以上お金がかかりました。

高校になると教科書代も有料になるので、公立高校でも20万はかかるようです。私の知人は30万かかったと言ってました。

10万円以上のお金を急に用意するのはとても大変です。

我が家も加入しようと検討していた学資保険は、中学・高校入学時にもお祝い金を受け取れる保険だったので、加入していればよかったとすごく後悔してしまいました。

児童手当の1万円を学資保険用に積み立てられればいいのですが、それも難しい場合もあります。学資保険は途中で解約してしまうともったいないので、絶対に解約することのない無理のない範囲で、3000円でもいいので子供が小さい頃に加入することをおすすめします。

赤ちゃんの時はおむつ代にミルク代、保育園・幼稚園時代は保育料がかかりますが、小学生になると習い事さえしなければ、給食代と教材費、修学旅行の積立金などが数千円程度で、それほどお金がかからなくなります。

小学生になるとお母さんも働きやすくなり、世帯収入を増やすことができるので、余裕ができたらさらに学資保険を増やすこともできます。人気のあるソニー生命やアフラックは7歳までですが、JPかんぽ生命やJAこども共済なら12歳まで加入できます。

今の時代ならジュニアNISAという選択肢もありますね。

子供の成長はとても楽しみで嬉しいですが、大きくなるにつれお金もかかります。

中学生になると友達も増え、行動範囲が広がるのでお小遣いも必要になってきます。スマホを持てば通信費もかかり…。(しかも今時女子中学生はiPhoneを持ちたがります)

自分の部屋を持つようになるとベッドやエアコンも欲しがります。

学資保険は子育て世代の強い味方になるので、お金の管理が苦手な方こそ、私のように後悔しないためにも是非早いうちに無理のない金額での加入をおすすめします。